今日は四日市から高速で2時間!長野県駒ヶ根市にやってきたカモ!!
ちょうど紅葉シーズンの駒ヶ岳に行くんだカモ。




インターを降りてすぐの所にある駐車場からはバスに乗るカモ。
一般車両は通行禁止なんだカモ。




それもそのハズ、1台がやっと通れる幅の道にヘアピンの連続なんだカモ。
これをなんと40分も登るんだからとても一般車両は通れないカモ。
動画で撮ってみたけど、やっぱり実際に乗ってみないと凄さは分からないカモ・・・。




野生の猿の群に邪魔されながら、ぐねぐね道を40分も揺られて「しらび平」に着いたカモ。
ここの標高は既に1660mもあるけど、ここから更にロープウェイに乗るんだカモ。




でもなんか1時間待ちとか言われたカモ・・・。
話によると今日の最大待ち時間は3時間で、昨日なんかは5時間だったらしいカモ。




でも周辺には遊歩道もあって少しくらいなら時間を潰せるカモ。
ここは20分弱で行ける「日暮の滝」カモ。
さて、そろそろ時間だしロープウェイに乗るカモ。




ロープウェイの中からも紅く染まった山の絶景が望めるカモ。
ここ数年で一番奇麗と言われる今年の紅葉を見れて感動カモ。




7分半の乗車時間で標高差は950mもあるんだカモ。
この標高差は日本一で、上の「千畳敷駅」は広義の鉄道で最高駅なんだカモ。
ちなみに、この後ろにちょこんと見えてる山は富士山カモ。
ここからの初日の出は富士山の真後ろから出てくる事でも有名カモ。

(ロープウェイは索道と言って鉄道の一種)




振り向くと見事なカール地形がそびえてるカモ。
カールは氷河が削って作り出した地形で、まるで山をスプーンですくった跡のような形カモ。




このカールの中には遊歩道もあるけど、とりあえず乗越浄土と言われるポイントを目指すカモ。
前の写真で言えば中央左の最も低く平になってる所カモ。




30分ほどで半分まで来たカモ。見た目よりかなりきつい傾斜になってるたカモ。
何も知らずに挑戦する観光客は涙目になるカモ。
ちなみに、あのロープウェイ駅にはホテルも併設してあって、年中泊まれるんだカモ。




乗越浄土に辿り着いたカモー!
ここからは景色が一転して正に「日本の屋根」と言った感じの峰が続くカモ。
後ろに見えるのは中岳と言って、ここから片道30分ほどカモ。




途中には高山によく見られるハイマツの群生と、遙か下に紅葉した谷が見えるカモ。
雷鳥やオコジョはこんな厳しい所に棲んでるんだカモ。




ダッシュで登ったら10分ほどで中岳まで登れたカモー!
良い子はマネしちゃ駄目カモ。




更に片道30分ほど行くと駒ヶ岳の本峰があるんだカモ。
でも今回は時間の関係でここまでなんだカモ・・・。




千畳敷駅まで戻ってくると陽も傾いて紅葉の色もまた違ってくるカモ。
やっぱ紅葉は斜陽の頃が一番奇麗に見えるカモ。




なんて言ってる間に下りは2時間待ちになってたカモ・・・。
風もあってとっても寒いのにカモ。




仕方ないから遊歩道でも歩いてみるカモ。
途中には剣ヶ池という池もあって寒くなければゆっくりしたい所カモ。




下りのロープウェイに乗れた頃には雲も出てきて冷え冷えカモー!
でもこんな素晴らしい所まで気軽に来れるなんて素晴らしいカモ。
渋滞さえ無ければ・・・カモ。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO