北陸は金沢行きだけど富山で降りたカモ。
その理由は、後続のこの急行能登に乗るためカモ!能登かわいいカモ能登。




その能登で金沢まで行ったらまた富山に戻るカモ。
乗るためだけに金沢まで行くなんて・・・と思ったけど昨日は博多まで行ってたカモ。



途中の高岡駅で停車待ちがあったから朝食に富山湾弁当を買ったカモ。
その名の通り富山湾の海産物を取り入れた魚介好きには良い弁当だったカモ。




さて、再び富山に戻ってきたカモー。
今は北陸新幹線の工事が始まっててちょっと不便になってるカモ。




富山では富山地方鉄道、通称「地鉄」に乗ってみるカモ。
ちなみにこの車両は元京阪電車の車両なんだカモ。




車窓からは朝陽に輝く立山連峰が見えたカモー。
白い富山平野の向こうに輝く峰へはいつか登ってみたいカモ。




そんな景色を堪能したらすぐに岩峅寺(いわくらじ)に到着したカモ。
立山線と不二越・上滝線の分岐駅であるこの駅舎はとても荘厳な造りカモ。




その風貌から映画「剱岳 点の記」の撮影で使われたんだカモ。
この映画は“いちいち美しい”と個人的におすすめカモ。




中も雪国にあって暖かみがあるカモ〜。映画の写真なんかも貼ってあったカモ。
駅員のじっちゃんも良い人で、もうちょっとゆっくりしたかったカモ。




だけど次の列車が待ってるから行かなくちゃいけないカモ。
次は市内を走る路面電車に乗ってみるカモ。市営じゃなくてこれも地鉄が運営してるカモ。




ここで使うのは電車・バスふり〜きっぷカモ。
600¥で路面の全部と一部のバス、地鉄富山〜南富山電車が乗り放題なんだカモ。




ここでの大注目は先月23日に開業した環状線なんだカモ!
富山は交通政策にとても熱心に取り組んでて、この開業もその一環なんだカモ。
路面電車が開業するのは近年では非常に珍しいことなんだカモー。




次は、同じように見えて別会社の富山ライトレールに乗るカモ。
さっきの路面電車は富山駅の南側、これは北側を走ってるんだカモ。
今は富山駅に分断されてるけど、将来的にはふたつを繋げる計画なんだカモ。




そんな ライトレールは実はJRの廃線跡を利用した路線なんだカモ。
運行本数を激増させてバスとの乗り換えを簡易にしたことで利用者がいっぱい戻ってきたカモ。




ライトレールの終点から休日のみ運行のこの射水市コミュニティバスに乗れば万葉線へ行けるカモ。
でも、今回は時間の関係で乗れなかったカモ・・・。




さて、三連休を満喫したという事で高山本線に乗って帰るカモ。
ここから家まで9時間かかるけどカモ・・・。




猪谷で乗り換えたらいよいよ岐阜県カモ。
そう言えば前にここに来たのは今は亡き神岡鉄道に乗りに来た時だったカモ。




天気も良くて夕刻の雪渓美を堪能できたカモ。
後半はずっと闇の中だったけどカモ。




てことでやっと帰ってきたカモ。相変わらず馬鹿な経路だったカモ。
最近は道の話題ばかりだったけど、久々に乗り鉄の旅で良かったけどカモ。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO