キョロちゃん「さて、いよいよ北海道も最終日カモ。今日は富良野から夕張へ行くカモ」
サスケくん「そういえば、結局この宿の名前を覚えられなかったよ・・・ぷるぷる」




サスケくん「さっそく夕張まで来て、地図を見ると鹿島地区って書いてあるけど・・・ぷるぷる」
キョロちゃん「かつて、この地区だけで2万数千人が暮らしてたのに今ではこの有様カモ」
サスケくん「カーナビの地図とか見ると周囲も住宅地っぽいけど山野のみだもんねぷるぷる」


現在地




キタキツネくん「そうなんだー。ニンゲンなんて滅多に見ないよ」




キョロちゃん「さて近くの大夕張ダムの湖畔までやって来たカモ」
サスケくん「なんかまた変な橋が見えるよ・・・ぷるぷる」
キョロちゃん「あれは三弦橋と言って、森林鉄道の非常に貴重なか形の橋なんだカモ」
サスケくん「確かに三角形の橋なんて珍しいねーぷるぷる」




キョロちゃん「そしてこっちは誰でも見れる触れる大夕張鉄道線の保存車輌カモ」
サスケくん「かなり綺麗に整備されてるんだねぷるぷる」




サスケくん「中にも入れるんだ。わーいわーいぷるぷる」
キョロちゃん「実は一時は車体が傾いてたほど放置されてたのを有志がここまで綺麗にしたカモ」




キョロちゃん「次に夕張と言えば幸せの黄色いハンカチだカモ!」
サスケくん「昔の名作映画だっけ。よく知らないけどぷるぷる」
キョロちゃん「個人的には炭鉱住宅がこうして残されてる方が嬉しかったりするカモ」




キョロちゃん「しかし何より石炭博物館を見なきゃ夕張は語れないカモ」
サスケくん「財政破綻したけど、ここはやってるんだね。誰も客は居なかったけどぷるぷる」




キョロちゃん「不夜城と謳われた夕張も今は悲しくなるほど寂しかったカモ」
サスケくん「ここの坑道跡の一部に入れるのは良かったけどねぷるぷる」




キョロちゃん「炭鉱博物館の北側には、かつて施設の一部だった廃館群があるカモ」
サスケくん「これ全部ダメになった施設なの・・・とんでもない所だねぷるぷる」
キョロちゃん「観覧車やジェットコースターもあったなんてとても言えないカモ」




キョロちゃん「最後は感傷に浸りながら今回の北海道旅行は終了カモ」
サスケくん「ボクはひこーきに乗るのが一番の傷だけどね・・・ぶるぶる」




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO